大前 憲史 副部長・特任講師

臨床研究教育推進部 副部長・特任講師

大前 憲史

Kenji Omae


1977年生まれ。大阪府出身。2003年名古屋大学卒業。京都大学大学院医学研究科医療疫学分野で臨床疫学の研鑽を積んだ後、2015年4月より福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター臨床研究フェロー、2016年10月より臨床研究教育推進部 副部長 兼 特任講師。日本泌尿器科学会 専門医・指導医、日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医、その他 日本透析医学会、日本内分泌外科学会に所属。

卒後2年の臨床研修を終えた私は、以降これまで泌尿器科医として泌尿器癌(特に腎癌)や一般泌尿器科領域を専門に、手術や外来など臨床医療中心の生活を送って参りました。そのような中で生じる様々な疑問に対して自分なりに臨床研究という形でアプローチして参りましたが、学べば学ぶほどその深遠な世界に魅了され、同じ志を持った素晴らしい同僚たちとの出逢いもあり、気づけばどっぷりとその世界につかってしまっている今日この頃でございます。

今後日本だけでなく、世界中の多くの国で急速に少子高齢化というこれまで誰も経験したことのない大きな社会構造の変化が訪れます。ここ福島で、みなさんとともに、世界に先駆けた新しい医療モデルというものを構築していきたいと思っております。何卒よろしくお願い致します。

【研修歴・臨床歴】
2003年 名古屋記念病院 臨床研修医
2005年 名古屋記念病院泌尿器科 医員
2010年 東京女子医科大学泌尿器科 臨床フェロー
2012年 東京女子医科大学泌尿器科 助教

【受賞歴】
2011年 第49回日本癌治療学会 優秀演題賞
2014年 米国泌尿器科学会 Outstanding Poster
2014年 第11回臨床研究デザイン塾 最優秀グループ賞
2015年 京都大学大学院 社会健康医学系専攻 臨床研究者養成コース 優秀賞
2015年 欧州・日本泌尿器科学会 Academic Exchange Program Scholarship Award
2016年 日本透析医学会賞(木本賞)

 

【主な業績】
Omae K, Kondo T, Takagi T, Iizuka J, Hashimoto Y, Kobayashi H, Tanabe K. : Surgical and Oncologic Outcomes of Laparoscopic Radical Nephrectomy for Non-metastatic Renal Cancer in Long-term Dialysis Patients. Ther Apher Dial. 2017 ;21(1):31-37.

Omae K, Kondo T, Takagi T, Hashimoto Y, Kobayashi H, Iizuka J, Tanabe K. Use of mammalian target of rapamycin inhibitors after failure of tyrosine kinase inhibitors in patients with metastatic renal cell carcinoma undergoing hemodialysis: a single-center experience with four cases. Hemodialysis Int. 2016 ;20(3):E1-5.

Omae K, Kondo T, Kennoki T, Takagi T, Hashimoto Y, Kobayashi H, Iizuka J, Tanabe K. Efficacy and safety of sorafenib for treatment of Japanese metastatic renal cell carcinoma patients undergoing hemodialysis. Int J Clin Oncol. 2016; 21: 126-32.

Omae K, Kondo T, Takagi T, Morita S, Hashimoto Y, Kobayashi H, Iizuka J, Nozaki T, Yoshida K, Tanabe K. Renal sinus exposure as an independent factor predicting asymptomatic unruptured pseudoaneurysm formation detected in the early postoperative period after minimally invasive partial nephrectomy. Int J Urol. 2015; 22: 356-61.

Omae K, Kondo T, Tanabe K. High preoperative C-reactive protein values predict poor survival in patients on chronic hemodialysis undergoing nephrectomy for renal cancer. Urol Oncol. 2015; 33: 67.e9-13.

Omae K, Kondo T, Takagi T, Iizuka J, Kobayashi H, Hashimoto Y, Tanabe K. Mannitol has no impact on renal function after open partial nephrectomy in solitary kidneys. Int J Urol. 2014; 21: 200-3.