栗田 宜明 部長・准教授

臨床研究教育推進部 部長・准教授

栗田 宜明

Noriaki Kurita, MD, PhD, FACP


1979年生まれ。埼玉県出身。2004年東京大学卒。京都大学大学院医学研究科医療疫学分野で臨床疫学の研鑽を積んだ後、2014年4月から福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター講師、2015年4月から臨床研究教育推進部 副部長 兼 講師。2016年4月から同部 部長 兼 准教授。京都大学博士(医学)。日本内科学会 総合内科専門医、日本腎臓学会 腎臓専門医、日本透析医学会 透析専門医、米国内科学会 American College of Physicians (ACP) 上席会員(FACP)、社会医学系専門医協会 指導医、日本臨床疫学会 上級専門家

私は大学卒業後、市中病院で臨床に没頭していましたが、病院にいながら研究発表をする機会に恵まれたことから臨床研究に興味を持ち始めました。これと並行して、臨床の中で自分が見つけた小さな発見が本当であるか、疑問を科学的に検証するための方法を深く学びたいという衝動に駆られるようになりました。その結果、大学院進学を決意し、臨床疫学を学ぶことにしました。

臨床研究の核心部分は、医療上の切実な疑問を科学的に回答可能な形式で発掘できているかどうかと、疑問の分析結果を明瞭に可視化し、結果の意味と重要性を如何に伝えることができるかにあると感じております。これは医療者だからこそ取り組み甲斐があるものと思います。

これまで、地域住民の健康増進に資する疫学研究と、第一線でご活躍される各科の臨床エキスパートの先生方と共同で行なう臨床疫学研究に関わらせていただきました。
福島の地でも皆様にご指導を頂きながら、お役にたてるよう努めて参ります。

[ 研修歴・臨床歴 ]
社会福祉法人 三井記念病院 初期研修医 2004年4月-2006年3月
社会福祉法人 三井記念病院 内科(腎臓内科)  2006年4月-2010年3月

【競争的研究資金】
科学研究費補助金 若手研究 平成30 – 32年度 (課題番号18K17970) (研究代表者:栗田 宜明)
科学研究費補助金 基盤研究(B) 平成28 – 30年度 (課題番号16H05216) (分担研究者:栗田 宜明)
科学研究費補助金 若手研究(B) 平成27 – 29年度 (課題番号15K16518) (研究代表者:栗田 宜明)
科学研究費助成事業 基盤研究(C) 平成26 – 28年度 (課題番号26463271) (分担研究者:栗田 宜明)
科学研究費助成事業 基盤研究(C) 平成25 – 27年度 (課題番号25460638) (分担研究者:栗田 宜明)

【受賞】
2018年 日本臨床疫学会 第2回年次学術大会 優秀口演賞

【主な臨床研究】
[治療法の評価に関する研究]
Akizawa T*, Kurita N*, Mizobuchi M, Fukagawa M, Onishi Y, Yamaguchi T, Ellis AR, Fukuma S, Alan Brookhart M, Hasegawa T, Kurokawa K, Fukuhara S. (*co-first authors)
(二次性副甲状腺機能亢進症を伴う血液透析患者における、シナカルセトのPTH依存的な有効性)
PTH-dependence of the effectiveness of cinacalcet in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism.
Scientific Reports 2016, 6, 19612.
[abstract][紹介記事(日本語)]

Haga N, Kurita N, Yanagida T, Ogawa S, Yabe M, Akaihata H, Hata J, Sato Y, Ishibashi K, Hasegawa O, Kojima Y.
Effects of Barbed Suture during Robot-assisted Radical Prostatectomy on Postoperative Tissue Damage and Longitudinal Changes in Lower Urinary Tract Outcome.
(ロボット支援下前立腺摘出術における、有棘性縫合糸による縫合が組織ダメージと下部尿路症状の縦断変化へ与える影響)
Surgical Endoscopy 2018; 32: 145-153.
[abstract][紹介記事(日本語)]

Kinjo Y, Kurita N, Nakamura F, Okabe H, Tanaka E, Kataoka Y, Itami A, Sakai Y, Fukuhara S.
Effectiveness of combined thoracoscopic–laparoscopic esophagectomy: comparison of postoperative complications and midterm oncological outcomes in patients with esophageal cancer.
(胸腔鏡・腹腔鏡併用下の食道摘出術の有効性:食道がんにおける術後合併症と中期的な腫瘍学的アウトカムの比較)
Surgical Endoscopy 2012; 26: 381-90.

[検査・診断法の評価に関する研究]
Yokoyama K*, Kurita N*, Fukuma S, Akizawa T, Fukagawa M, Onishi Y, Kurokawa K, Fukuhara S. (*co-first authors)

Frequent monitoring of mineral metabolism in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism: associations with achievement of treatment goals and with adjustments in therapy.
(二次性副甲状腺機能亢進症を伴う血液透析患者における、ミネラル代謝の測定頻度:ガイドライン達成および治療の調節との関係性)
Nephrology Dialysis Transplantation 2017; 32: 534-541.
[abstract][紹介記事(日本語)][海外学会の公表記事]

[QOLの利活用に関する研究]
Kurita N, Akizawa T, Fukuhara S.
Vitality measured as self-reported energy level and clinical outcomes in ESRD: The Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study (J-DOPPS)
(自己報告のエネルギーとして測定した活力と血液透析患者の関連因子、および臨床アウトカム:J-DOPPS研究)
American Journal of Kidney Diseases 2018, (in press).

[転帰を予測するスコアリング開発の研究]
Doi T*, Yamamoto S*, Morinaga T*, Sada K*, Kurita N*, Onishi Y.
Risk Score to Predict 1-year Mortality after Haemodialysis Initiation in Patients with Stage 5 Chronic Kidney Disease under Predialysis Nephrology Care. (*Equally contributed)
(透析前腎臓診療を受けていた慢性腎臓病ステージ5の、血液透析を導入してから1年以内の生存を予測するスコア)
PLoS One 2015; 10: e0129180.
[abstract][紹介記事(日本語)]

[臨床現場のアウトカム研究(その他)]
Kawada H*, Kurita N*, Nakamura F, Kawamura J, Hasegawa S, Kotake K, Sugihara K, Fukuhara S, Sakai Y.

Incorporation of apical lymph node status into the seventh edition of the TNM classification improves prediction of prognosis in stage III colonic cancer. (*Equally contributed)
(主要血管根部リンパ節の状態を第7版TNM分類に加えることで、大腸がんステージ3の予後予測が改善する)
British Journal of Surgery 2014; 101: 1143-52.
[abstract][紹介記事(日本語)]

Kurita N, Hayashino Y, Yamazaki S, Akizawa T, Akiba T, Saito A, Fukuhara S.
Revisiting Interdialytic Weight Gain and Mortality Association With Serum Albumin Interactions: The Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study.
(透析間体重増加と生命予後の関係性を、血清アルブミンとのインターアクションで再考する:J-DOPPS研究)
Journal of Renal Nutrition 2017; 27: 421-429.
[abstract][紹介記事(日本語)]

Miyamoto M, Kurita N, Suemitsu K, Murakami M.
Fistula and survival outcomes after fistula creation among predialysis chronic kidney disease stage 5 patients.
(透析導入前の慢性腎臓病ステージ5における、内シャントと生命予後のアウトカム)
American Journal of Nephrology 2017; 45: 356-364.
[abstract][紹介記事(日本語)][Editorial記事]

[地域住民のアウトカム研究]
Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.

Low Testosterone Levels, Depressive Symptoms, and Falls in Older Men: A Cross-Sectional Study.
(高齢男性での、男性ホルモンの低値・うつ症状と転倒:横断研究)
Journal of the American Medical Directors Association 2014; 15: 30-5.
[abstract][紹介記事(日本語)][
海外学会誌紹介記事]

Kurita N, Yamazaki S, Fukumori N, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Horie S, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.
Overactive bladder symptom severity is associated with falls in community-dwelling adults: LOHAS study.
(地域在住の成人では、過活動膀胱の症状の程度は転倒に関連する:LOHAS研究)
BMJ open 2013; 3: e002413.
[abstract][
海外学会誌紹介記事]

 

【主な症例報告】
Kurita N, Ito T, Shimizu S, Hirata T, Uchihara H.
Idiosyncratic liver injury induced by vildagliptin with successful switch to linagliptin in a hemodialyzed diabetic patient.

Diabetes Care 2014; 37: e198-e9.

Kurita N, Tanaka M, Tanaka S, Fujii A, Sugimoto T, Yamaguchi Y, Mise N.
Glomerular capillary light chain thrombi in multiple myeloma.

Kidney International 2011; 80: 1378.