Department of Innovative Research & Education for Clinicians & Trainees (DiRECT)

新着情報

研究実績

【研究】教員の臨床研究で、第26回日本排尿機能学会において学会賞を受賞しました

教員の 大前 が、第26回 日本排尿機能学会において、学会賞を受賞されました! 福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンターが主導する、須賀川市の健康長寿事業より発信された研究でした。 福島県立医大泌尿器科学講座の小島 …

【研究】教員の臨床研究論文がNeurourology and Urodynamics誌から出版されました。

教員の 大前 が発案して解析論文化した、須賀川プロジェクトの臨床研究がNeurourology and Urodynamics誌に掲載されました。健康な地域在住超高齢者においては、歩行速度が遅いほど、過活動膀胱(OAB) …

【研究】教員の臨床研究論文がJournal of Clinical Rheumatologyに受理されました。

サルコペニア・プロジェクトの第2弾研究が、Journal of Clinical Rheumatology誌に受理されました。当部局の栗田が、研究デザインの立案・解析・論文化をしました。 Kurita N, Kamita …

【研究】教員の論文がBMC Nephrology誌から出版されました。

当部局の大前が研究デザインの立案・解析・論文化まで参画した臨床研究の成果が、BMC Nephrology誌より出版されました。 Tanaka M, Nishiwaki H, Kado H, Doi Y, Ihoriya …

【研究】教員の臨床研究論文がThe Journal of Nutrition, Health & Agingに受理されました。

サルコペニア・プロジェクトの第3弾研究が、The Journal of Nutrition, Health & Aging誌に受理されました。当部局の栗田が、研究デザインの立案・解析・論文化をしました。 Kuri …

【研究】大学院研究生の臨床研究がThe Journal of Clinical Hypertensionに受理されました。

臨床疫学分野の大学院研究生の飯田英和先生が主筆された研究が、The Journal of Clinical Hypertension誌に受理されました。臨床疫学分野の主指導教員の栗田が解析・論文化を指導し、弊部局の大前も …

【研究】教員の臨床研究が福島民友で紹介されました。

当部局の栗田宜明が、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故と福島市の出生率の関係性をJAMA Network Open誌に発表したところ、福島民友新聞で紹介されました。[福島市の出生率低下 震災前と同じ水準に. 福島民友 …

【研究】教員の臨床研究が日経メディカルで紹介されました。

当部局の栗田宜明が、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故と福島市の出生率の関係性をJAMA Network Open誌に発表したところ、日経メディカルで紹介されました。[原発事故から2年間の福島市の出生率は低下 3年目 …

【研究】教員の論文がJAMA Network Open誌から出版されました。

東日本大震災・福島第一原子力発電所事故と福島市の出生率の関係性を臨床疫学的手法で分析した研究が、JAMA Network Open誌から出版されました。当部局の栗田が、研究デザインの立案・解析・論文化を行いました。 Ku …

【研究】大学院生の臨床研究が日経メディカルで紹介されました。

大学院生の伊藤文人が、軽自動車の車型と交通外傷時の部位別の重症度の関連を見たコホート研究の結果を日本救急医学会総会・学術集会(横浜)で発表したところ、日経メディカルで紹介されました。[車の「鼻」の形で交通外傷の部位と重症 …

1 2 3 4 »
PAGETOP